収益物件のお得な活用方法を紹介~安心確実収益UP~

電卓

保証人と業者活用

ビル

賃貸物件に入居する場合、保証人が必要となるケースが一般的になっている。これは家賃滞納時などに入居者に代わり家賃の回収を行う為等の理由から、保証人の用意が必要になる。保証人は通常は、近親者など身近な人になってもらうことが通常であるが、頼む人がいない場合には賃貸の入居契約ができず、困るケースが出てくる。このような際に、有効な手段としてあるのが保証会社である。保証会社では、保証人代わりになってもらうことができ、賃貸の物件によっては保証会社の保証により、入居を許可してくれる場合も多い。保証会社では、契約時などに費用発生するが、保証人がいない場合には最適になっている。また、気を使う必要が無い点でもメリットが大きい。

保証会社を活用することで、賃貸契約をスムーズに進められる場合も多いが、これらの活用においては、いくつかの注意点もある。まずは、保証会社に依頼する場合にも審査があるということがある。保証会社では、契約を行う際、依頼者に安定収入があることや、ブラックリスト入りしていないなどの信用審査を行った上で契約することになる。その為、これらの審査に通過することができないと、利用できない点には注意が必要になる。また、物件への入居理由が不明確など、怪しい人物とみなされ、審査を通過できないケースもある。その為、これらの申請時には正当な理由を記入することが重要になる。その他、保証会社の利用では、契約時もしくは入居中月々などの形で費用発生する点も考慮が必要になる。

Copyright© 2015 収益物件のお得な活用方法を紹介~安心確実収益UP~All Rights Reserved.